NPO法人グリーン環境技術工業会

〒542-0082
大阪府大阪市中央区島之内2丁目15番16-902号
Tel. 06-6213-1063
Fax.06-6213-1064

NEWS

<<前へ 1 | 2 | 3    (43件中 21件〜40件目)    次へ>>
渡辺産業 大規模な増設改修を実行

渡辺産業株式会社はストックヤードの大規模な増設改修を実行し屋内タイプの全天候型で保管ヤードが倍以上になった。

詳細はこちらへ
平成21年8月24日ビギンリサイクルセンター成田」の竣工式と祝賀パーテイが盛大に行われる

株式会社ビギンは、平成21年8月24日、成田市南羽鳥の豊住工業団地内に、国内では最大規模の常温固化リサイクル施設となる「ビギンリサイクルセンター成田」を竣工させ、関係者に披露されると共に、祝賀パーティが行われました。

詳細はこちらへ
株式会社ビギン 千葉県成田で無害化処理施設が竣工

株式会社ビギンの高度無害化処理施設、ビギンリサイクルセンター成田が完成し、8月24日竣工式が行われた。
千葉県を中心に関東一円から集荷する予定。

詳細はこちらへ
株式会社グリーンワールド 毎日放送で放映される

平成20年12月に毎日放送の「発見!かんさいモノづくり」で株式会社グリーンワールドがとりあげられ4週にわたって放映されました。

詳細はこちらへ
渡辺産業 前処理用の破砕機導入

渡辺産業は、路盤材の金属異物などの除去のため前処理用の破砕機を導入、製造段階の原料の質を高めることに成功した。

詳細はこちらへ
金沢舗道 アス合材プラントを移転

下水汚泥焼却灰をリサイクルする金沢舗道は、港工場で建設を進めてきたアスファルト合材プラントが完成、港工場に全面的移転となり、営業を再開した。

詳細はこちらへ
マルエ工業 日量107立法メートルの施設完成

建設系産廃の中間処理で実績を持つマルエ工業(熊本県八代市 江川熊男社長 電話0965-52-8356)は建設系の汚泥(無機性汚泥に限る)燃え殻を対象にした日量107立方メートルの造粒固化施設を完成、本格的に受け入れを開始した。

詳細はこちらへ
渡辺産業株式会社、再生資材の受け皿確保

渡辺産業株式会社は、再生資材の受け皿が確保されたことで、施設のフル稼働が続いている。中間処理工場が環境マネジメントシステムのEA21を取得したことで製品の信頼も高まり、ユーザーも増加している。

詳細はこちらへ
株式会社金沢舗道、アスファルト合材で独自の進化を遂げる

株式会社金沢舗道は現在、今年10月の稼動に向けてアスファルトプラントを建設中で、がれき類破砕施設、焼却灰処理施設と一体となって独自の進化を遂げる。

詳細はこちらへ
株式会社金沢舗道 焼却灰を建設資材に

金沢舗道は、下水汚泥焼却灰をアスファルト合材の材料「フィラー」代替品として再生資源化ができる仕組みを構築し、中間処理と安全性を確保するための施設「下水汚泥焼却灰リサイクルプラント」を完成させた。

詳細はこちらへ
渡辺産業株式会社がエコアクション21の認証を取得

平成19年4月13日、渡辺産業株式会社(栃木県今市市)がエコアクション21の認証を取得されました。

詳細はこちらへ
日本下水道事業団の公募型新規共同研究者に当NPO法人の会員である株式会社金沢舗道が選ばれる。

平成19年3月5日、日本下水道事業団の公募型新規共同研究者の記者発表があり、株式会社金沢舗道が「下水汚泥焼却灰有効利用促進技術の開発」の共同研究者として決定しました。

詳細はこちらへ
株式会社久和建創の再生資源含有路盤材が沖縄県のリサイクル建設資材として認定される。

株式会社久和建創(沖縄県うるま市、久保田秀明社長)は、沖縄県リサイクル資材評価認定制度のリサイクル建設資材として、再生資源含有路盤材が認定され、11月28日に授与式が行われました。

詳細はこちらへ
渡辺産業(株)神山千榮子代表取締役 社団法人栃木県産業廃棄物協会より表彰される

去る平成18年5月18日、当NPO法人の会員である渡辺産業株式会社(栃木県日光市)代表取締役 神山千榮子氏は、社団法人 栃木県産業廃棄物協会(会長 佐久間 清敏)から表彰状が贈呈されました。

詳細はこちらへ
2006沖縄環境フェア開催

去る3月29日(水)−3月31日(金)に沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市志喜)において、「2006沖縄環境フェア(主催・日報アイ・ビー、協催・沖縄県資源循環推進協議会)」が開催されました。「人と地球の未来  を守る 環境革命への挑戦!」をテーマに、沖縄が抱える環境問題やリサイクル技術、今後の対応などについて、58の会社・団体が出展しました・・・・

詳細はこちらへ
(株)久和建創 沖縄の最終処分場延命で、掘り起こし再選別(イーコンテクチャー/2006年1月号 特集『汚れた土と戦う』掲載記事より)

(株)久和建創(沖縄県与那城町、久保田秀明社長)は、管理型処分場の残余年数の減少が深刻な課題として指摘されている沖縄県の状況で、建築系の廃棄物を中心に高度な分別・リサイクル技術を持実証プラントの設置を進めてきた・・・

詳細はこちらへ
副理事長 大西忠一氏が「日本経済団体連合会会長賞」を受賞

平成17年6月26日、国立京都国際会館にて行われた産官学連携功労者表彰にて、当会副理事長である大西忠一氏が「日本経済団体連合会会長賞」を受賞されました

詳細はこちらへ
沖縄県環境管理センター協同組合が焼却灰の無害化処理プラントを本格稼働開始

沖縄県環境管理センター協同組合が焼却灰の無害化処理プラントを本格稼働開始国の実証事業として株式会社久和建創(代表取締役久保田秀明)の管理型最終処分場内に設置された廃棄物選別プラント及び無害化造粒プラントが本格稼働を開始しました。造粒成形された無害化処理物は養生期間を経て路盤材などとして再生されるほか、骨材としても利用されています。

詳細はこちらへ
大阪府立大学ニュー・フロンティア材料研究会 第200回講演会のご案内

共催:NPO法人グリーン環境技術工業会ニュー・フロンティア材料研究会では、来る平成17年3月18日(金)13:00〜19:00、『金属材料と環境問題』をテーマに、さかい新事業創造センター多目的会議室にて、第200回講演会を開催します。現在、参加者を募集中です。

詳細はこちらへ
鹿児島県種子島にて勉強会を開催

去る10月15日に種子島の中種子町町民会館において、「MLG-スーパーによる高度無害化処理・リサイクル技術」のテーマの下、勉強会が開かれました。

詳細はこちらへ
<<前へ 1 | 2 | 3    (43件中 21件〜40件目)    次へ>>

会員各位へお知らせ
ニュースの掲載をご希望の会員様は、事務局までお気軽にご相談下さい。
事務局 〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内2丁目15番16-902号 担当/大谷
Tel.06-6213-1063 Fax.06-6213-1064 E-mail:gkankyo@greenworld.co.jp